首都圏の不動産|朝日リビング > 朝日リビング株式会社 町田本社営業部のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸訪問査定でお客様から学ぶ

賃貸訪問査定でお客様から学ぶ

カテゴリ:東京リーシングセンターのブログ

お客さまのご案内に学びました


本日は賃貸の訪問査定で新宿区内のマンションにお伺いしました。インターフォンを鳴らすと、査定依頼をくださったお客さまと、その息子さんがお部屋で出迎えてくれました。聞くと、今は息子さんがお住まいになっていて、お部屋が手狭になり社宅に引越すことになったため、賃貸にしたいとのことでした。

数年前に購入したお部屋で、息子さんのために購入したこと、たくさんの部屋をみた中で即決したエピソードを聞かせて頂きました。選んだ理由のひとつに、静かな環境や緑のある眺望がポイントだったとのことで、ベランダから眺めをみせてもらいました。駅近くとは思えない静けさと、冬の冷気も重なって、なんだか別荘地に来た気分になってしまいました。
その後もお客さまに室内をご案内して頂く中、その様子や息子さんとの会話で、お客さまがこのお部屋を気に入っているのが伝わってきて、私もお部屋に親しみがわいてきました。「良いご案内」ってまさにこういうことだな、と実感しました。

はっきり言えないこの性格、プライベートだけかと思ってました


話の後半、「この後夕方から別の業者さんも呼んでしまってるの。でも山本さんに頼みたいから断ってしまおうかしら?」とおっしゃいます。内心、そういって頂けてとてもうれしくて、営業マンとしては「断ってください」というべきなのでしょうが‥。私からそう断言できませんでした。
この日報を書く中で、どうしてそう言えなかったのか考えました。今日の話で、他社さんに負けないお手伝いが出来ることをお伝えしたつもりです。ですので、最終的にお客さま自身で比較検討し、納得して選んで頂きたいという思いから、と結論づけました。
しかし違いますね、気が弱いだけなのでしょう。私に上司がいたら怒られるの確定です。(いないので怒られません。)

さて、その後も賃貸に出した後の税金や息子さんのお引越しについてのお話しをして、最後にLINEを交換しました。LINEを交換するとお客さまとの距離感がぐっと近づくのでうれしいです。お客さまにもそう思ってもらえるといいなと思っています。


≪ 前へ|子育て中での住宅購入のタイミングを知る   記事一覧   川越市砂の一戸建 売却相談を頂きました|次へ ≫

山本 倫子 最新記事



山本 倫子

不動産会社はお客様の伴走者です。 何があっても「山本がいるから大丈夫!」と思って頂けるよう、サポートいたします! 私自身も自宅を貸し出した経験があるので、オーナー様のお気持ちわかります。 貸し出すよりも売却の方がメリットが大きい場合や、その逆の場合もあります。 オーナー様に最適な選択肢をご提示します!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る

売買物件を探す

賃貸物件を探す