首都圏の不動産|朝日リビング > 朝日リビング株式会社 町田本社営業部のスタッフブログ記事一覧 > 貸主・借主・当社の3者顔合わせでした

貸主・借主・当社の3者顔合わせでした

カテゴリ:東京リーシングセンターのブログ



テナント契約の事前顔合わせでした


今日は昨日に引き続いて、大宮営業所のテナント契約のお手伝いでした。昨日はオーナーさまと当社とで打ち合わせで、今日は入居するテナントさんも含めた三者が揃って、顔合わせも兼ねた事前打ち合わせでした。
昨日のオーナーさま打ち合わせをふまえて、契約書の雛形は作り直していました。今日の顔合わせですぐ雛形を提示する段取りにはならないかもしれませんが、いつでも契約条件の詰めた話ができるように準備しておきました。

借主さんは法人で、契約担当さんの他、法人本部の方など複数人で来店されました。テナント契約だと登場人物が多くなるので、一斉に顔を合わせる機会は数少ない機会です。私は今回サポートとして同席して、メインの進行は物件担当に進めてもらいました。賃貸では、貸主と借主が直接顔合わせて打ち合わせる機会自体が少ないので、きっととても緊張したのではないかと思います。



一通りのご挨拶をしてから、契約の打ち合わせに入りました


あらかじめ用意しておいた確認事項を、物件担当からテナントさんにお聞きしていきました。私の仕事は、隣に座って、今後の契約を進めるにあたって必要事項が確認できているかや、双方の意向のずれがないように、「耳を澄ませる」ことでした。(笑)
テナントさんから頂いた質問で、ガスやエアコン等の設備について等、細かな説明は私からお伝えしましたが、物件担当が最後まで仕切って進行してくれました。

一通り打ち合わせを終えてから、オーナーさまが先に帰られて、テナントさんも契約担当以外の方は先に帰られました。最後に契約担当の方と細かな申込み情報の打ち合わせをしました。今回のテナントさんは当社の他の物件も借りてくださっており、担当はその時と同じかたでした。打ち合わせの締めになってようやく、おひさしぶりですね、とご挨拶ができました。
引き続きご契約までしっかりまとめていきたいと思います。



≪ 前へ|たくさんしゃべった1日でした   記事一覧   住宅購入の見えないお金|次へ ≫

山本 倫子 最新記事



山本 倫子

不動産会社はお客様の伴走者です。 何があっても「山本がいるから大丈夫!」と思って頂けるよう、サポートいたします! 私自身も自宅を貸し出した経験があるので、オーナー様のお気持ちわかります。 貸し出すよりも売却の方がメリットが大きい場合や、その逆の場合もあります。 オーナー様に最適な選択肢をご提示します!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る

売買物件を探す

賃貸物件を探す