首都圏の不動産|朝日リビング > 朝日リビング株式会社 町田本社営業部のスタッフブログ記事一覧 > 契約書の書式修正にがっつり取り組めました

契約書の書式修正にがっつり取り組めました

カテゴリ:東京リーシングセンターのブログ




腰をすえて取り組むことができました


今日の午前中は、昨日のシーリングライト取り付けの出直し作業をしました。その後、事務所に戻ってからは契約書の書式修正をしました。全社で使う書類で、ずっと取り掛かりたいと思いながら、この繁忙期に手をつけられなかった仕事でした。

昨年から顧問弁護士の先生に何度も相談をして下書きも出来上がっていました。まずは先生とのチャットのやりとりを読み返して修正点を洗い出しました。時間がたってしまっていましたが、修正についてはずっと考えていたので、以前よりも自分の中での理解が進んでいると感じました。



弁護士相談チャットもう1つの使い方


洗い出した修正点をExcelに入力、その後にプリントして紙で確認、という流れを2度ほど繰り返しました。合間に管理物件の修繕対応などをはさみながらも、順調に進められました。全社で使う前に、先生に最終チェックを入れてもらうため、仕上がったExcelファイルをチャットから送りました。

弁護士相談専用のチャットを使って始めてから3年ほどたって、だんだんと浸透していきました。誰でも直接、相談や質問をできるようにして、たくさんの質問や相談が蓄積されるようになりました。いつも他の社員の相談も参考に読んでいます。

今日も送信したついでに読んでみると、なかなかハードな案件が多いです。私だったらどうするかな‥とか、現場はどんな様子かな…とか考えてしまいました。

≪ 前へ|不動産と信用情報 part2   記事一覧   振返る仕事と前に進む仕事|次へ ≫

山本 倫子 最新記事



山本 倫子

不動産会社はお客様の伴走者です。 何があっても「山本がいるから大丈夫!」と思って頂けるよう、サポートいたします! 私自身も自宅を貸し出した経験があるので、オーナー様のお気持ちわかります。 貸し出すよりも売却の方がメリットが大きい場合や、その逆の場合もあります。 オーナー様に最適な選択肢をご提示します!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る

売買物件を探す

賃貸物件を探す