首都圏の不動産|朝日リビング > 朝日リビング株式会社 町田本社営業部のスタッフブログ記事一覧 > 振返る仕事と前に進む仕事

振返る仕事と前に進む仕事

カテゴリ:東京リーシングセンターのブログ



過去を振返る仕事(残務)をしました


「残務」という言葉、どこの業界や会社でも使うものなのでしょうか?今日は、契約書類を保管前の最終整理や、登録情報に漏れがないかの確認(これを残務と呼んでいます。)をしました。契約のタイミングだと急いで書類を作ることもあるため、そのときに必要な情報だけ入力して進める場合があります。そのときは大丈夫でも、入居後にお客様へ連絡するときや、2年後更新のときに「データがない!」となると困ってしまいます。

それを防ぐため、契約書類の整理と同時に、管理システムへの入力情報の確認や、保管写真の整理をまとめて行いました。今は自分1人だけど、将来チームになったときや誰かに引き継ぐ場合でもトラブルなく仕事を渡せるように、未来のための準備だと思っています。ただ、ちょっと量がたまってまして…けっこう時間がかかりました。


前に進む仕事もしました。が。


その後は、新しいお客さんに出会うための前に進む仕事もしました。会社で使っている顧客管理システムからメール送信の設定をしようとチャレンジしたのです。が、これが全然前に進みません。

まずはメールをお送りするお客さまの条件設定をしたかったのですが、リストの抽出がうまくできませんでした。マニュアルを読んでは戻り、読んでは戻り、の繰り返し。混乱しているうちに、最初の目的を見失いそうになりました。一度落ち着いて、誰にどんなメールをお送りするか、もう一度整理し直そうと思います。



≪ 前へ|契約書の書式修正にがっつり取り組めました   記事一覧   「ボンド・接着剤担当」の人みたいになりたい|次へ ≫

山本 倫子 最新記事



山本 倫子

不動産会社はお客様の伴走者です。 何があっても「山本がいるから大丈夫!」と思って頂けるよう、サポートいたします! 私自身も自宅を貸し出した経験があるので、オーナー様のお気持ちわかります。 貸し出すよりも売却の方がメリットが大きい場合や、その逆の場合もあります。 オーナー様に最適な選択肢をご提示します!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る

売買物件を探す

賃貸物件を探す