首都圏の不動産|朝日リビング > 朝日リビング株式会社 町田本社営業部のスタッフブログ記事一覧 > ドラフトとフェイストゥーフェイス

ドラフトとフェイストゥーフェイス

カテゴリ:東京リーシングセンターのブログ



契約書の事前確認と原本作成


ご契約予定の物件。契約書のドラフトを作成して、オーナーさまに送りました。修正が発生してからの2度目の送付になるので、前回と変更した点を備考として箇条書きにして添えました。 ところで、オーナーさまが「ドラフトをください」とおっしゃったので、この日報にもドラフトと書きました。 以前は「ドラフト」と聞くと、ど、ドラフト?ドラフト会議?などと思ってましたが、言い慣れてきました。 時と場合によって、雛形と言ったり、下書き、見本、色んな呼び方をしています。

社内だってフェイストゥーフェイスが大事ですね


午後から少し体調が悪くなってきて、休み休み働いてしまいました。それでも、ステップメールに取り掛かったり、営業所とのzoomミーティングをしたり、予定してたミッションはこなせました。 営業所とのzoomミーティングでは、6月から新たに取り組む施策の打ち合わせでした。勝手に施策を考えて余計なお世話と思われないかな?と少し不安でした。でも施策を伝えたあとに、みんなの「くやしい」とか「がんばろう」という気持ちが見えてうれしくなりました。



≪ 前へ|多店舗展開の悩みと良いところ   記事一覧   案内立会と、半期の締めで少し振り返り|次へ ≫

山本 倫子 最新記事



山本 倫子

不動産会社はお客様の伴走者です。 何があっても「山本がいるから大丈夫!」と思って頂けるよう、サポートいたします! 私自身も自宅を貸し出した経験があるので、オーナー様のお気持ちわかります。 貸し出すよりも売却の方がメリットが大きい場合や、その逆の場合もあります。 オーナー様に最適な選択肢をご提示します!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る

売買物件を探す

賃貸物件を探す