首都圏の不動産|朝日リビング > 朝日リビング株式会社 町田本社営業部のスタッフブログ記事一覧 > ずっと介入したかったのかもしれない

ずっと介入したかったのかもしれない

カテゴリ:東京リーシングセンターのブログ




昨日までそよ風だったのに、突然の嵐がきました


6月から、査定の初期対応をする営業所を増やしました。訪問になったときには、スケジュールのつく限りは営業所の賃貸担当者と一緒に行くことにしています。
今日は、なぜだかドドっと同じ時間帯に一括査定の問い合わせが集中しました。ちょうど、私は空室の点検をしている最中だったのですが、そこからはガッツリ査定モードになりました。しばらくお部屋のカウンターをデスクにして、電話したり、ノートパソコンで相場を調べたり、メールしたりしていました。

いままでよりも一歩踏み込んでいきたい


訪問の日程調整や、賃料査定の依頼などで、担当地域の営業所に連絡をとることもありました。 「マネージャー」なんていう役職がついてしまってるのもあり、立場的に気を使われているのだと思います。かしこまったメッセージが返ってくることも多かったです。でも、何度も会ったり話したりしてる営業所だと、少し反応が変わってくることを感じたりしました。 私は、ずっとこういう風に介入したかったのかもしれません。外からあーだこーだ言うだけでは分からない、現場の悩みとか本音とか。一緒に動くことで、もっと分かり合える気がしています。そういう動きができる環境にしていきたいです。
このブログは社内であまり読まれてないと思うので、本音を書いてしまいました。明日もがんばります。




≪ 前へ|共通の認識をもてるように   記事一覧   神奈川県の1日|次へ ≫

トップへ戻る

売買物件を探す

賃貸物件を探す