首都圏の不動産|朝日リビング > 朝日リビング株式会社 町田本社営業部のスタッフブログ記事一覧 > どうしても気になる物件があるとき

どうしても気になる物件があるとき

カテゴリ:東京リーシングセンターのブログ



お客さまからの物件リクエスト



事業用物件を探しているお客さまから、「この物件は見れますか?」と物件リストが届きました。 お客さま自身でも熱心に探されていて、私からのご紹介した件数の倍以上の件数とエリアでした。頂いた物件の住所を確認して、検索していきました。


進め方は以下↓のような流れです。
1.レインズで物件検索
2.レインズで見つからない場合はATBBで物件検索
◎ATBB(アットービービー)は、
 不動産会社専用の検索サイトで、
 事業用物件に強いです。

1.2.で見つからない場合は、
3.一般のお客さまが見るサイトを検索
4.ストリートビューで検索して管理会社の看板がついていないか調べる。
 看板があれば電話して聞いてみる

結果、半数は募集していない物件でした。インターネットに掲載されている物件全てが募集中ではないのですよね。



どうしても気になる物件があるとき


募集中物件では、管理会社に電話をして、入居するテナント業種に制限がないか確認をしました。
(物件によって、「飲食不可」とか「夜間営業不可」など条件があります。)
その後、情報をまとめてから、お客さまに送信しました。

一件、募集していなかった物件で、お客さまから「どうしても見れないか?」とのご相談を頂きました。 物件情報がインターネットに載ってないので紹介ができないのですが、最後の手段で現地に行ってみることにしました。
現地に車が停まっていて、声をかけてみると「この物件は入居中ですよ」とのこと。
物件検索も地道な作業ですが、結論が出れば次の候補にあたっていくことができます。

≪ 前へ|若者言葉の話   記事一覧   「住みやすい家」何を重視したら良いの…?part2|次へ ≫

山本 倫子 最新記事



山本 倫子

不動産会社はお客様の伴走者です。 何があっても「山本がいるから大丈夫!」と思って頂けるよう、サポートいたします! 私自身も自宅を貸し出した経験があるので、オーナー様のお気持ちわかります。 貸し出すよりも売却の方がメリットが大きい場合や、その逆の場合もあります。 オーナー様に最適な選択肢をご提示します!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る

売買物件を探す

賃貸物件を探す