首都圏の不動産|朝日リビング > 朝日リビング株式会社 町田本社営業部のスタッフブログ記事一覧 > フラれた片思いの相手を思い出すような傷口に塩を塗る作業

フラれた片思いの相手を思い出すような傷口に塩を塗る作業

カテゴリ:東京リーシングセンターのブログ



お名前を見ると内容が思いだせるくらいでした


昨日に引き続き、過去のお客さま情報の整理をしていました。1年間の履歴なので、何千件とあるわけではありません。お電話が繋がってお話ができた方でしたら、お名前を見れば内容を思い出してしまうくらいです。

ちょうど1年前に、「2023年の夏頃に転居予定」と書いてくださってた方も何名かいらっしゃいました。そのデータを今確認してることについて営業的な反省点はありますが、それとは別で時の流れの速さを猛烈に感じました。(汗)


訪問して直接お話したお客様で、他の会社さんに依頼をすることにした情報もありました。まだその時の反省とか後悔が浮かびました。片思いの相手にフラれたことを思い出してるようなものですね。(重すぎますね‥)



思い出したときにご連絡できるように


査定依頼をくださった方には、すぐに引越しをする方もいれば、「もし引越しになったらどうしよう?」とふんわり考えているタイミングでインターネットから問い合わせをした方もいました。せっかくのご縁、できれば私がお手伝いしたいですが、「お引越し時期、決まりましたか?」ってずっとお電話をされても迷惑ですよね。


月並みですが、メールで賃貸のご成約エピソードを継続してお送りすることにしました。査定相談用のLINEアカウントを作成して、LINEのトーク画面から予約もできるようにしてみました。

お客さまが連絡したくなったときに連絡してもらえるように。使ってもらえたらうれしいなあ。



≪ 前へ|新しい仲間が増えた日   記事一覧   日当たり南向きが一番ではない!?|次へ ≫

山本 倫子 最新記事



山本 倫子

不動産会社はお客様の伴走者です。 何があっても「山本がいるから大丈夫!」と思って頂けるよう、サポートいたします! 私自身も自宅を貸し出した経験があるので、オーナー様のお気持ちわかります。 貸し出すよりも売却の方がメリットが大きい場合や、その逆の場合もあります。 オーナー様に最適な選択肢をご提示します!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る

売買物件を探す

賃貸物件を探す