首都圏の不動産|朝日リビング > 朝日リビング株式会社 町田本社営業部のスタッフブログ記事一覧 > 査定額は判断材料の1つでしかない

査定額は判断材料の1つでしかない

カテゴリ:東京リーシングセンターのブログ



貸すために必要なリフォームの見積もり



今日は荻窪へ訪問査定でした。事前にお電話でお話した際、今住んでいるご自宅を賃貸に出すべきか、賃貸にするにもどう進めればいいか、色々と選択や進め方に迷われているお客さまでした。そこで、まずは「貸すためにはどの程度のリフォーム代がかかるか」を知るため、見積もりをとることにして、今日でお約束したのでした。

初めてご訪問する方で、まだ、賃貸に出すかも、当社にご依頼するかも決まっていないお客様です。実は、このような初回のご訪問でリフォーム担当さんと同行することはめずらしいのですが、たくさんあるお悩みや疑問、まずは出来るところからクリアにしていきたいと思い、私からご提案したのでした。

査定額は判断材料の1つでしかないのですね



さて、リフォーム担当さんとお部屋を拝見しながら、設備や内装についてひとつひとつ確認をしました。お荷物があるので細かい採寸はむずかしく、平面図から寸法を調べたお見積もりを出すことになりました。

リフォーム担当さんは先に帰られて、その後、お持ちしたマンション内の賃貸事例の資料をみて頂いて、賃料査定額をお伝えしました。
色々とお話を聞く中で、お電話でお聞きしていた通り色々と解決する課題がありました。こういう場合、「査定額」は賃貸を決める判断材料にはならないのかもしれません。
お客さまご自身の中でも、どの選択するかを探している道途中でいらっしゃるのだと感じました。私との話が、何かの足がかりになれたら‥!と思います。
≪ 前へ|不動産会社の都合ですね   記事一覧   法律と現場対応は違うこともある(と思います)|次へ ≫

山本 倫子 最新記事



山本 倫子

不動産会社はお客様の伴走者です。 何があっても「山本がいるから大丈夫!」と思って頂けるよう、サポートいたします! 私自身も自宅を貸し出した経験があるので、オーナー様のお気持ちわかります。 貸し出すよりも売却の方がメリットが大きい場合や、その逆の場合もあります。 オーナー様に最適な選択肢をご提示します!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る

売買物件を探す

賃貸物件を探す