首都圏の不動産|朝日リビング > 朝日リビング株式会社 町田本社営業部のスタッフブログ記事一覧 > 20回目の正直でした

20回目の正直でした

カテゴリ:東京リーシングセンターのブログ




出直しのガス点検でした


ガス点検の当日予約ができなかったお部屋に、今日あらためて行ってまいりました。
実は、昨日の点検のときに、インターフォンが鳴らなかったり、浴室排水溝のワントラップ(お椀型の排水口のフタのこと)がサビと劣化で排水口を完全に塞いでいたことが分かりました。

オーナーさまにその旨ご報告をして、ワントラップ購入の了解を頂き、インターフォンについても電池交換を試してみることになっていたのです。
ガス点検が別日にならなくても、再度お部屋には来ることになっていたのですね。(と、自分を安心させる言い訳です。)

20回目の正直と共同作業


ガス屋さんにガスを開けてもらい、お風呂の給湯器と、台所の瞬間湯沸かし器の給湯を試しました。お風呂は自動お湯張りも問題なく作動しました。一安心!
しかし瞬間湯沸かし器はなかなかお湯が出ません。新品なのにおかしいな‥と思い、点火ボタンを繰り返し押すと、20回以上後にようやく点火しました。ガス管の中に空気がたまっていると点火までに時間がかかるのです。

私がお部屋にいる際にちょうどオーナーさまがお部屋にいらしたので、私は給湯器を確認している間、オーナーさまにインターフォンの電池交換をして頂きました。ところが電池を変えてもチャイムが鳴りませんでした。テスターで通電状況を確認すると、電気は流れていたので、機器の故障のようです。
オーナーさまと相談して、今日中に交換をしてくださることになりました。夕方に写真と共に完了報告が届きました。緊急にも関わらずすぐに対応頂いて、本当にありがとうございました!

≪ 前へ|仕事は準備が8割ってほんとですね   記事一覧   WEB面談は事前準備が99%|次へ ≫

山本 倫子 最新記事



山本 倫子

不動産会社はお客様の伴走者です。 何があっても「山本がいるから大丈夫!」と思って頂けるよう、サポートいたします! 私自身も自宅を貸し出した経験があるので、オーナー様のお気持ちわかります。 貸し出すよりも売却の方がメリットが大きい場合や、その逆の場合もあります。 オーナー様に最適な選択肢をご提示します!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る

売買物件を探す

賃貸物件を探す