首都圏の不動産|朝日リビング > 朝日リビング株式会社 町田本社営業部のスタッフブログ記事一覧 > 住んでいたときに気を付けていたこと

住んでいたときに気を付けていたこと

カテゴリ:東京リーシングセンターのブログ




オーナー様のご自宅へ訪問しました


一般媒介でご依頼頂いたお部屋、当社で入居申し込みを頂きました。リフォーム打ち合わせから立ち会わせて頂いていたので、当社でご契約ができて素直にうれしいです。


今日は申し込み詳細の報告をするため、オーナー様のお宅へお伺いしました。

通常は、申込みの報告や入居審査だけであればメールやお電話だけで済ませることも多いです。ただ、今回は初めての賃貸契約。審査承諾後の契約までふまえてご説明したいと思い、お会いする時間を頂いたのでした。



大切に使ってほしい気持ち


リビングにおじゃまして、申し込み内容のご説明をし、その場で快諾頂きました。

その後、仮で作成した賃貸契約書の雛形をご覧頂きました。

私から、家賃送金のタイミングや原状回復特約、設備の修繕負担など、お金の関わる部分を重点的にご説明しました。細かな部分はオーナー様ご自身で目を通して頂き、ご質問があれば改めて連絡頂くことになりました。


オーナー様から「浴室の手入れや注意点」について入居者さまに伝えて欲しいとリクエストがありました。

その注意点は、オーナー様が住まわれていた時に実際に気を付けていたことで、契約に盛り込むため、詳しく内容をヒアリングしました。

住まい方は人それぞれですが、少しのお手入れや注意で無用な修繕を減らすことができます。「お部屋を大切に使ってほしい」という気持ちをお届けしたいなと思っています。


≪ 前へ|物件内での追加賃貸、お互いに安心です   記事一覧   マンションの寿命ってあるの?|次へ ≫

山本 倫子 最新記事



山本 倫子

不動産会社はお客様の伴走者です。 何があっても「山本がいるから大丈夫!」と思って頂けるよう、サポートいたします! 私自身も自宅を貸し出した経験があるので、オーナー様のお気持ちわかります。 貸し出すよりも売却の方がメリットが大きい場合や、その逆の場合もあります。 オーナー様に最適な選択肢をご提示します!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る

売買物件を探す

賃貸物件を探す