首都圏の不動産|朝日リビング > 朝日リビング株式会社 町田本社営業部のスタッフブログ記事一覧 > 過去データを漁りました

過去データを漁りました

カテゴリ:東京リーシングセンターのブログ




契約内容の変更


あるご契約で、契約書にサインをいただいた後に、諸々の事情で契約開始日が後ろにずれることになりました。高原さんがお客様と木曜日にお会いする予定ということなので、間に合うように変更合意書を作成しました。(明日、明後日が弊社定休日なのです。)

合意書は形式は決まっていて、これまでも何度も作ってきたので慣れています。それでも、つい過去に同じ内容の合意書がないか過去データを漁ることからスタートしてしまうのでした。100%同じ内容の過去データがなかったため(当たり前ですが)、結局似た内容の合意書を打ち換えることにしました。

上からオーナー様のお名前を書いて、『以下、「甲」とする』と打ち込んだり、変更内容を記載したり。特に問題なく仕上がったと思います。


家賃保証や火災保険の変更処理


契約期間変更に伴い、家賃精算や保証会社、火災保険なども変更処理をしました。

すべて手作業なのでヒューマンエラーが起こりがちです。自分で計算した後に経理担当の方にダブルチェックをしてもらいました。

今日は関東地方でも積雪がある予報。我が社も、交通事情を考慮して早めに帰宅するように指示が出ました。冬生まれの私は、実は雪予報がうれしかったりしますし、「冬はやっぱりこれくらい寒くなきゃ!」とテンションがあがります。というのはここだけの話…。

≪ 前へ|相続対策にメリット大!注目あつまる「不動産小口化商品」の基本   記事一覧   子育てする中での家選び②|次へ ≫

山本 倫子 最新記事



山本 倫子

不動産会社はお客様の伴走者です。 何があっても「山本がいるから大丈夫!」と思って頂けるよう、サポートいたします! 私自身も自宅を貸し出した経験があるので、オーナー様のお気持ちわかります。 貸し出すよりも売却の方がメリットが大きい場合や、その逆の場合もあります。 オーナー様に最適な選択肢をご提示します!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る

売買物件を探す

賃貸物件を探す