首都圏の不動産|朝日リビング > 朝日リビング株式会社 町田本社営業部のスタッフブログ記事一覧 > 先読みをしすぎる件

先読みをしすぎる件

カテゴリ:東京リーシングセンターのブログ




お客さまからの長文メールへの返事


絶賛入居者募集中のオーナー様からメールが届きました。いつも読みごたえのあるメールを送ってくださるオーナーさんで、単純に要件だけのメールよりも、考えた経緯やオーナー様の性格も伝わってきます。だからこそ、どうお返事すべきか私も色んな方面から考えました。

整理した要点

・私に回答を求めている質問、

・文章に書いてなくてもきっと感じているだろう懸念点や心配、

・返事をするにあたり取引先に聞く確認事項、

・「オーナーさんにとってはこの選択がいいと思う」という私の意見。

こんなことを整理しながらメール文を書きました。いつもは私は短文でお返ししてますが、これだけ書くと私の返信も長くなりました。


杞憂に終わった懸念点


要点整理の中の「取引先」というのはいつものリフォーム屋さんです。電話で「こんな状況なのですが、お願いできますか‥?」と聞いたところ、即快諾の返事。私の想定していた懸念点は全く問題無しでした。

メールを書いてからお隣のTさんに本文を読んでもらいました。書いた自分は客観的に読めないので、他人に読んでもらうのがベストです。

いや~、メールひとつでも、ずいぶん色々あるものですね。

≪ 前へ|補助金を使って差別化!「住宅省エネ2024キャンペーン」を賃貸経営に活かす   記事一覧   ウイルスを家の中に持ち込まないために|次へ ≫

山本 倫子 最新記事



山本 倫子

不動産会社はお客様の伴走者です。 何があっても「山本がいるから大丈夫!」と思って頂けるよう、サポートいたします! 私自身も自宅を貸し出した経験があるので、オーナー様のお気持ちわかります。 貸し出すよりも売却の方がメリットが大きい場合や、その逆の場合もあります。 オーナー様に最適な選択肢をご提示します!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る

売買物件を探す

賃貸物件を探す