住宅・オフィス・商業空間の耐震は、朝日リビング お問い合わせ 朝日リビングの耐震TOP

「耐震基準適合証明書」は、お持ちの物件が耐震基準を満たしていることを証明する書類です。
建物の安全性についての証明になるので、ご売却や住宅ローン減税の際、有利になることがあります。

Top
耐震基準適合証明書
4つのメリット
費用について

耐震基準適合証明書の4つのメリット

 「耐震基準適合証明書」付きの物件を取得すると、住宅ローン減税だけでなく登録免許税や不動産取得税が減額されるなど、様々なメリットがあります。

10年間で最大500万円の住宅ローン控除
中古住宅購入時の登録免許税が減額 中古住宅購入時の不動産取得税が減額地震保険の保険料が10%割引

※1
登録免許税の軽減を受けようとする場合は、所有権移転登記前に市区町村より住宅家屋証明書を取得しておく必要があります。ただし、築後20年越の戸建てについて住宅家屋証明書の取得を申請する際には、市区町村窓口に耐震基準適合証明書を提出する事を要しますので、決済日に先立ち、あらかじめ耐震基準適合証明書を取得しておく必要があります。


※2
不動産取得税については、昭和57年1月1日以降の築であれば耐震基準適合証明書は不要です。



証明書発行の費用について

証明書の発行には下記のような費用がかかります。


耐震基準適合証明書発行費用
■ 築25年経過のマンションの場合 ■ 費用
①住宅用家屋証明の取得 40,000円+消費税
②不動産取得税の軽減  40,000円+消費税
③住宅ローン控除を受ける際に必要な書類) 40,000円+消費税

※ 当社一級建築士が承ります。