首都圏の不動産|朝日リビング > 朝日リビング株式会社 町田本社営業部のスタッフブログ記事一覧 > コロナ禍でも絶好調?!「今、あえてマイホームを買う理由」

コロナ禍でも絶好調?!「今、あえてマイホームを買う理由」

カテゴリ:朝日リビング:ニュース☆
新型コロナの影響で、日本経済はもちろんのこと、国内の不動産市場についても、大荒れを予想するニュースが飛び交いましたね。

「新型コロナで都市郊外や地方・海外への移住が増える」
「在宅勤務(リモートワーク)の進展でオフィスの空室率が大幅増加する」

このような説がメディアを賑わしましたが、皆さんの周囲にコロナ禍を理由に郊外や地方、ましてや海外に移住した人が、はたしてどれほどいたのでしょうか。
また、あなた自身は移住しましたか?

コロナ禍での収入減により住宅ローン破綻の可能性があるのに、どうして今マンションを買う人が激増しているのでしょう。
現状、マンションは品薄状態の為、希望の物件も見つけにくく、見つかったとしてもすぐに売れてしまうようです。

今、マイホームを購入する方達は、どのように考えて購入を決意したのでしょうか。

賃貸に住み続けても、家賃の支出がある為、収入減の状況では持ち家も賃貸もリスクは同じことになります。
今後のことを考えれば賃貸に住み続けても、家賃や更新費用の支出がある為、超低金利の現在はマイホームを購入して財産として考えるほうが得となりやすいそうです。

ただし、マンションを買えば、ローン返済以外に毎月の管理費と修繕積立金がかかります。
年に1回固定資産税も発生します。総額で年間で30万円から40万円程度の出費予定ですが、それを補ってくれる住宅ローン減税が10年以上続く事を考慮して綿密に計算したうえで、購入を決めている人が多いのだそうです。

その他の意見として…

・1、2年様子をみるのもよいが、そうなると、住宅ローン返済の開始時期が遅くなり、人生設計が狂ってしまう。
・1、2年様子をみている間、賃貸の家賃を払い続けるのもムダになる。
・今後コロナ禍で収入が減ると、住宅ローンで借りることができる金額が減る

などでした。

結局、コロナ禍の今でも、マイホーム購入に積極的な人がいるのは、超低金利の住宅ローンが利用できることと超大型の住宅ローン減税がある今現在の2つの魅力が、コロナ禍の不安に勝り、それがマイホーム購入者が減らない大きな理由だと考えられるようです。

■詳しくは下記をご参照ください。
タイトル:なぜ、コロナ禍でもマンション購入者が減らない? 
マイホームを「今、あえて買う」理由とは

【弊社が売主です!→仲介手数料0円物件特集
【お部屋を見てイメージを膨らませてください!→今週のオープンハウス特集
【公式チャンネルが誕生しました!→YouTubeチャンネル
≪ 前へ|コロナ禍で検討したい 各駅停車の駅近物件   記事一覧   営業所員の話|次へ ≫

タグ一覧

トップへ戻る

売買物件を探す

賃貸物件を探す