首都圏の不動産|朝日リビング > 朝日リビング株式会社 町田本社営業部のスタッフブログ記事一覧 > 貸主がなぜ保険に入るの?

貸主がなぜ保険に入るの?

カテゴリ:よくあるQ&A
不動産賃貸によくあるQ&A

Q,なぜ貸主側が火災保険に加入しなければならないのでしょうか?

A,借主が加入する借家人賠償保険は、火災・爆発・水漏れなどで物件に損害を与えてしまい、貸主に対する法律上の損害賠償が生じた場合に備えて加入する保険です。借主以外の隣室や階下室などからのもらい火で損害が生じても失火法(失火の責任に関する法律)により火元責任は問えません。よって、オーナー様としても万が一に備え火災保険の加入(又は確認)は必要となります。
※「賃貸中に給排水管の故障で漏水が発生したら?」区分所有のマンションの場合でかつ管理組合が建物の賠償保険に入っていない場合は、火災保険の特約等として合わせて入ることをおすすめします。たとえば、キッチンの見えない部分が劣化により水漏れを起こし、階下に損害が発生した場合、このような保険で対応しないと階下の損害については、オーナー様自身のご負担となってしまう場合がございます。
≪ 前へ|賃貸募集中はまだ家にいてもいいですか?   記事一覧   募集条件で室内禁煙とすることは可能ですか?|次へ ≫

タグ一覧

トップへ戻る

売買物件を探す

賃貸物件を探す