首都圏の不動産|朝日リビング > 町田本社営業部のスタッフブログ記事一覧 > 中古マンション購入時の注目・注意点 part2

中古マンション購入時の注目・注意点 part2

カテゴリ:朝日リビング:ニュース☆
中古マンション購入時の注目・注意点、part2です。
今回は資金面以外にも注目していきます!


■中古マンション選びは「管理状況」にも目を向ける!

中古マンションを選択する際、管理状態についても確認をおススメします。「マンションは管理を買え」と言われるぐらい非常に重要です。建物の外見が重要な判断材料にもなりますし、エントランスや駐輪場、ごみ置き場などの共用部がきれいに維持されているかも重要なポイントです。中古マンションを購入する前には、マンションがきちんと管理されているかどうか、チェックを忘れずにして下さい。管理会社だけでなく、住民がマンションの資産価値を維持しようと意識されているかどうかも大きなポイントなります。住民の管理に対する意識の高いマンションは資産価値が下がりにくいと言われます。実際に同じような立地、面積、築年数のマンションでも外見の違いで成約価格に大きな差が出る事も珍しくありません。また、マンションを購入する前に、修繕積立金や管理費の長期間滞納している区分所有者がいないかどうかも確認していただきたいと思います。修繕積立金は滞納が無かったとしても、そもそも大規模修繕に必要が額に足りていないケースも少なくありません。


■自然災害で被害にあうと一気にマンションの資産価値を毀損する?!

自然災害などで被害に遭うと、マンションの資産価値が下がる事もあります。耐震性と水害に遭う可能性についても確認をされる事をおススメします。耐震性については建物が1981年の新耐震基準に合致しているか、耐震改修工事済みかなども確認し、自治体が公表している地盤マップやハザードマップを参考にしていただきたいと思います。いずれにせよ、中古マンション購入をする際には、物件以外の確認要素が沢山あります。

今後の参考にお役立て下さい。
≪ 前へ|中古マンション購入時の注目・注意点 part1   記事一覧   KYな話|次へ ≫

トップへ戻る

売買物件を探す

賃貸物件を探す