首都圏の不動産|朝日リビング > 朝日リビング株式会社 町田本社営業部のスタッフブログ記事一覧 > 不動産の購入時に確認したいポイント!~「戸建ての水道」~

不動産の購入時に確認したいポイント!~「戸建ての水道」~

カテゴリ:朝日リビング:ニュース☆
不動産の購入をご検討の皆様、こんにちは。今日は、皆様の大切な住まい選びに役立つ情報を、少しだけ詳しく丁寧にお伝えしたいと思います。

日本の暮らしは、水道、ガス、電気など、日常生活に欠かせないライフラインが整備されていることで、非常に快適ですよね。しかし、不動産の売買を進める中で、このようなライフラインに関連するトラブルが起こることも想定外とはいえ、残念ながら存在します。だからこそ、事前にしっかりと情報を知って、問題を未然に防ぐことが大切です。

今回のテーマは「戸建ての水道」について。水道は、私たちの生活の中で欠かせないものですが、意外と知られていないポイントがいくつかありますので、一緒に確認していきましょう。

まず最初に、物件の水道が「他人の土地を通っていないか」、これを確認することは基本中の基本です。物件の敷地外にある水道管が他人の土地を通ってしまっている場合、将来的なトラブルの原因となり得ます。上下水道局などの関連機関で提供される埋設管図を元に、現地の実際の状況と照らし合わせて確認が必要です。一般の方が直接確認することは難しいかと思いますので、不動産業者にきちんと調査してもらうことが大切です。

次に、宅内への水道のパイプの太さ。特に古い物件の場合、13㎜のものが多いとされています。しかし、もし大きな家を新築する予定であれば、この太さでは水圧に関する問題が生じるかもしれません。もちろん、パイプの太さを変更することも考えられますが、それには近隣の方々の了解が必要となる場合もありますので、十分な注意が求められます。

さらに、中古住宅の場合、「水道メーター」が必ずついてくると思われがちですが、これにも注意が必要です。実は、売主が水道メーターを持ち去るケースも考えられるのです。その場合、新たにメーターを設置するための加入金が必要となり、これが数十万円にも上ることもあります。

最後に、物件を選ぶ際のポイントとして、売主が近くに新居を建てる場合など、特定の背景情報を元に、水道に関する権利や設備の取り決めをきちんと確認することを忘れずに。

不動産の購入は、人生の中でも大きな決断の一つです。細部までしっかりとチェックし、後悔のない選択をしていただけるよう、私たちもサポートさせていただきます。
≪ 前へ|オンライン説明会でしゃべり担当でした   記事一覧   ワンポイントコラム 時代を捉えた物件名でイメージアップ!|次へ ≫

トップへ戻る

売買物件を探す

賃貸物件を探す