首都圏の不動産|朝日リビング > 朝日リビング株式会社 町田本社営業部のスタッフブログ記事一覧 > 子育てする中での家選び②

子育てする中での家選び②

カテゴリ:朝日リビング:ニュース☆
前回の記事では子育て世代が重視するポイントなどをお伝えしましたが、今回はマンション編です。
マンションを選ぶ際のポイントもご紹介したいと思います。

◆マンションの設備では、子育て家庭ならではの気になるポイント
「マンションの設備」で重視したことは、「セキュリティシステム」に次いで、「防音対策された床」、「傷つきにくく汚れが落ちやすいクロス」など、子育て家庭ならではの項目が上位に挙がりました。子どもは走り回ったり、泥を持ち込んだり、落書きしたりするので、床や壁は気になるところです。
一方で、購入後に最も重視度がアップしたのは、「ノンタッチのオートロックドア解除」でした。
乳幼児のいる家庭では、荷物も多く、子どもと手をつなぐ機会も多いため、マンションに出入りする際にオートロックを開錠する手間が軽減されることが、重視されるようになったようです。
次いで重視度が大きくアップしたのは、「指を狭まないように工夫された」『扉』や『窓』です。暮らしていく中で、子どもの安全に配慮した設備の重要性を再認識したご家庭も多いのではないでしょうか。

◆間取りについて
間取りについては、やはり「収納力」、「キッチンなどの水まわり」、「リビングの広さ」が、ここでも上位となりますが、これは子育て世代でなくても皆さんが気になる所だと思います。
購入後に重視度がアップした点は、「子ども部屋の広さ」や「子どもの成長に伴う部屋数」のようです。
幼児や小学生の低・中学年までは、親と一緒にリビングなどで過ごすことが多いですが、それ以降は子ども部屋など、子どもが自分で管理する居場所をどうするかが課題になってきます。
マイホームで子どもが成長していくことを考えて、これらの項目の重視度が大きくアップされるのだと思います。
「子どもの成長に合わせて間仕切りや部屋の入替えを想定して購入すれば良かった」といったと考えるご家庭も多いようでした。

全ての条件を満たすマンションとなるとハードルがどんどん高くなってしまいます。
それぞれのご家庭で重要視している点をまとめて、より条件にあう住宅を選ぶ事が大切ですので、ご家族で十分話合われて購入の際の条件は決めていくと良いと思います。
最近では状況に合わせてリフォームもされているご家庭も多いので、間取りの変更がしやすい物件や、梁や柱で将来的に困ることのないよう内見時にチェックするのも良いと思います。
ご不明な点はご相談ください。
≪ 前へ|過去データを漁りました   記事一覧   補助金を使って差別化!「住宅省エネ2024キャンペーン」を賃貸経営に活かす|次へ ≫

トップへ戻る

売買物件を探す

賃貸物件を探す