首都圏の不動産|朝日リビング > 朝日リビング株式会社 町田本社営業部のスタッフブログ記事一覧 > 清く正しく、誠実でありたいです

清く正しく、誠実でありたいです

カテゴリ:朝日リビング:ニュース☆

不動産という業種にどんなイメージがありますか?


・ガラが悪い


・営業がしつこい


・悪徳


・騙される


爆発する


このようなイメージが先行しませんか?


不動産の営業を舞台にした漫画が人気のようですが、不動産のブラックな部分がストレートに描かれていて、

業界のイメージが悪化しないか心配です。


先日、不動産事業者向けに、「職業倫理(コンプライアンス)確立に関する報告会」が開催されたというニュースがありました。


こうした報告会が開催されたことがニュースになってしまう時点で、業界に対する倫理欠如のイメージの表れでしょうか…


実際、利益優先とされがちなビジネスモデルや、数字優先の営業スタイルについて様々な報告があったようです。


悲しいことに正面切って否定できません…


不動産の取引については、業者と一般個人の知識量に圧倒的な情報格差があります。


営業同士が話している内容を聞いた方は、意味がわからない内容や単語が出ているのを聞いたことがあるかもしれません。


この情報格差が、業者にとって都合のよい取引モデルを生み出してしまっているのだと思います。


同時に、情報格差がありすぎて、一般個人の方がうまくやられてしまった部分にすら気付けていない。

そのような側面もあるのではないでしょうか。


まったく違和感を感じないまま取引が終わっている、なんてこともあると思います。


お住いの購入は、人生最大の買い物とも言われます。


購入だけではなく、賃貸も初期費用で大きな金額が動くことになります。


また、住む家は生活の基盤になる場所です。


不動産業者も高い倫理意識を持ち、消費者の立場も考えた活動を行うことが必要であると思います。


同時に、消費者の方々も不動産取引に関する最低限の知識を備えておくことをおすすめします。


違和感を感じたら、しっかりと内容を確認するようにしましょう。



現在、不動産の売買や賃貸をお願いしている業者に違和感を感じていませんか?


そのようなお悩みも朝日リビングにお任せください!


しっかりと秘密厳守で、お客様のお悩みにお答えします!


もちろん爆発も起こりません!

 

【不動産のお悩みはこちら!→お問い合わせページ


朝日リビングホームページ


≪ 前へ|在宅勤務で変わっていく部屋   記事一覧   朝リビ座の怪人|次へ ≫

トップへ戻る

売買物件を探す

賃貸物件を探す