首都圏の不動産|朝日リビング > 朝日リビング株式会社 町田本社営業部のスタッフブログ記事一覧 > ご自宅のメンテナンスについて

ご自宅のメンテナンスについて

カテゴリ:朝日リビング:ニュース☆
ご自宅は築何年になりますか?
家を長持ちさせるにはこまめなメンテナンスが必要です。
一生に一度の買い物と言われる住宅ですが、買ったら終わりのわけではありません。
定期的なケアをしながら住むことで、経年劣化を遅らせ、住まいを長持ちさせ、気持ちよく暮らすことができるのです。
新築から10年を目安に行うメンテナンスは、戸建て住宅を長持ちさせるためには、目立った傷みや、気になる箇所がなくても行う必要があります。
それは雨や風、振動、日差しによる紫外線、室内で発生する湿気など、住宅は、日々いろいろなダメージを受け、経年劣化して行きます。

築10年~20年のメンテナンス
一般的に戸建て住宅は、新築から10年を目安に、外壁塗装工事など大規模なメンテナンスが必要になります。

■外壁

塗装工事

外壁全面と、軒裏など外壁に付帯している部分(付帯部分)を塗装する工事です。塗装にあたって、外壁にできたひび割れの補修なども実施します。
外壁を良い状態に保つため、築15年以内に1度塗装しておくことをおすすめします。

シーリング(コーキング)打ち替え

サイディング外壁は、板状の外壁材「サイディングボード」同士のつなぎ目やサッシと外壁の間のすき間を、緩衝材・防水材の役割を果たす「シーリング」で埋めています。
一般的に10年を目安に、シーリングは経年劣化でひび割れが目立ってきて、緩衝材・防水材としての役割を果たせなくなります。

■屋根

塗装工事
屋根全体と、破風板などの付帯部を塗装する工事です。
破風板や雨樋など、屋根周りの細かい部位の点検です。

■水まわり

レンジフード交換
コンロ交換
洗面化粧台交換
ユニットバス交換
給排水管点検

■バルコニー・ベランダ

ベランダのFRP防水やりかえ工事です。
ベランダの防水劣化は、雨漏りに直結する恐れがあるため、外壁塗装同様に築10~15年を目安に行いましょう。
ベランダの防水立ち上がり部分や、金物との取り合い部分のシーリング打ち替え工事です。

■その他

防蟻工事
網戸張替え
サッシ・玄関扉点検

などがあります。

大切な自宅を長持ちさせるため、是非ケアを検討してください。
≪ 前へ|自社を客観的に考えるきっかけに   記事一覧   CSVとExcel、見た目がほぼ同じ|次へ ≫

トップへ戻る

売買物件を探す

賃貸物件を探す